先輩インタビュー(機械組立)

ー 仕事内容を具体的に教えてください

「機械組立です」

機械組み立てです。部品として形になったものをつなげていったり、購入した部品と組み合わせたり、お客さんの立会いの下、試運転をしたりします。出荷もやります。

ー 仕事の「やりがい」を教えてください。

「お客さんの満足した表情を見れるところ」

試運転などでお客さんと直接触れ合うことがあり、満足した表情を自分で見れるところ。外観とかきれいだと反応も本当によくって、すごく達成感を感じますね。

ー 仕事の「大変なこと」は何ですか?

「前工程がずれると大変」

前の工程がずれても納期は決まっているので、最終工程の自分たちが踏ん張らなければならないです。納期まで日にちが無ければ残業対応で追い上げることもあります・・・

ー 大変だった時にどうやって解決しましたか?

「チームのみんなで話し合う」

自分たちで何が原因か、チームのみんなで話し合って、話がまとまって、上司に相談する。うちでは同じものを作ることがほとんどないので、いつも想定外のトラブルがおきてしまうんです。なので、前の工程の方にもう少しここをこうしてくれ~っとかお願いすることも多々ありますね。

ー 志磨テック入社の「決め手」は何ですか?

「幼いころからロボットや車が好きだった」

幼いころからロボットや車が好きで、よく模型などを作っていました。あと、大企業でもなく、個人企業でもないので自分を生かせる会社だと思ったのも大きいですね。

ー 志磨テックの一番の強みは何ですか?

「0から10までできる」

材料手配から、機械加工、組み立て、試運転、据え付けまで、0から10までできるので、お客さんが1社に出せば製品が完成するところですね。複数の会社に頼むとお客さん側の管理も大変だと思います。また、設計もあるのでこういうものを作ってほしいとか、そういう依頼にも答えていけるところも強みだと思います。

ー 学生さんへ向けて一言メッセージをお願いします

「一人ひとりの適性を見てくれる」

一人一人の適正をみて、向いている仕事をさせてもらえる会社です。自分が大学で志磨テックの求人をみたときは営業職だったんですけど、総務の方に電話して「営業は自分に向いていいないと思うんですけど~」っていったら、「しっかり適性をみて、その人に合った仕事をしてもらうから心配しなくていいよ。」って言われて、本当に入ってすぐから営業職じゃなくて、技術職させてもらっていますからね。入ってからも、大きすぎない会社だからこそ、上司への意思表示ができる会社だなと実感しています。

先輩インタビュー
interview

志磨テックで働く「人」にインタビューしました。「なぜ志磨テックに入ったのか」「仕事のやりがい・大変なことは何か」「志磨テック入社を考える人へのメッセージ」などを掲載しています。

事務職