沿革

昭和35年10月北九州八幡西区折尾において、八幡電機精工(株)の協力工場として発足 従業員14名
昭和36年5月株式会社設立 資本金50万円
昭和40年7月資本金500万円に増資
昭和41年5月(株)安川電機製作所協力工場となる
昭和41年6月三菱電機(株)福岡製作所協力工場となる
昭和41年7月九州松下電器(株)協力工場となる
昭和41年12月資本金 1000万円に増資 従業員100名となり現在地八幡西区夕原に移転
昭和42年6月住友重機械工業(株)新居浜製造所と取引開始
昭和43年5月資本金2000万円に増資
昭和43年6月新日本製鐵(株)工作本部と取引開始
昭和44年5月資本金3000万円に増資 従業員150名
昭和45年7月クレーン製造許可取得
昭和45年11月近代化推進により中小企業庁長官表彰
昭和46年6月第2工場完成
昭和46年7月資本金4800万円に増資
昭和47年3月北九州市優良企業に指定
昭和49年7月資本金8500万円に増資
昭和49年12月第3工場完成
昭和50年6月資本金8800万円に増資
昭和53年1月自動車板金用機器(ニュースタッド、ニュースポット、ブース)を開発 製造開始
昭和59年1月マレーシア、タイムエンジニアリングと技術提携
昭和60年3月クレーン製造2500台突破
昭和61年4月トンネルマシン製作開始
昭和61年4月南工場完成
昭和62年3月ロボット設計・製作
昭和62年6月ロボットクレーン開発
昭和63年11月イムズビルオーロラビジョン昇降装置設計・製作
平成元年1月福岡タワー制振装置(動吸振器)製作・据付
平成元年4月産業機械部門、設計・製作開始
平成元年8月研修室完成
平成2年4月労働時間短縮優秀実績事業場認定表彰(福岡労働局長)
平成3年10月トンネルマシン生産100台達成
平成4年1月クレーン製造3500台突破
平成4年4月志磨鐵工所から志磨テックへ社名変更
平成4年7月安全事業場として進歩賞受賞(福岡労働局長)
平成4年8月デザインセンター完成
平成5年8月第5工場用地取得
平成6年12月トンネルマシン製作150台達成
平成8年12月キューテック研究開発助成金受賞
平成12年10月シリコン結晶体用引上げ装置製作開始
平成12年11月精密組立工場完成
平成13年1月精密機械組立工場増築
平成14年9月Φ2200大型チャンバー製作開始
平成15年9月RSV(海外製鉄所 設備)製作開始
平成17年4月五面加工機導入・稼働
平成18年2月ポットクレーン(製鉄所 設備)4基目製作納入
平成21年3月シリコン結晶体用引上げ装置製作144台達成
平成21年8月Φ2200大型チャンバー製作22台達成
平成21年9月シールドマシーン製作190台達成
平成22年3月RSV(海外製鉄所 設備)製作46台達成
平成22年12月インドネシア商談展示会参加出展
平成23年4月大容量天井クレーン製造許可取得(~300ton)
平成23年6月風力発電装置 開発
平成25年5月海外調達部門 設置
平成29年3月創立55周年記念ハワイ旅行
平成30年3月全自動ベンディングロール開発・稼働開始

お問い合わせ
contact

メールでお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

TEL.093-631-3061(代表)

(平日:8:15〜16:45)

  • 産業機械製造
    machinery

    「鉄」ならなんでも作れます。
    まずは一度ご相談ください。

    詳しく見る
  • クレーン製造
    crane

    天井クレーン、橋形クレーン、
    ジブクレーンの設計・製造・据付まで

    詳しく見る
  • 開発
    development

    次世代型の製造業を
    志磨テックは目指します。

    詳しく見る